FC2ブログ

「ポラクローム」フイルムの話 

ポラロイドの35㎜インスタントフイルム
 「ポラクローム」の話


・000img784

1983年ポラロイドは普通の35mmカメラに装填できる3種類のポラロイドフィルムを売り出した。

ポラクローム(カラー)やポラパン(モノクローム)といったフィルムで、専用の現像器で処理すると1-4分でカラーやモノクロームのポジ(スライド)が出来上がるというトータルシステムであった。

具体的には、
フイルムは、現像パックというものが含まれて小箱に入っており、撮影が済んだフイルムと現像パックとを専用のプロセッサーにかけて現像し、そのあとは専用のマウンターとマウントをつかって、最終のスライドフイルムができるというシステムということになる。

フイルムの透明度が低く、投影すると暗くなるとの評価もあったが、ある程度の需要もあったであろうし、ポラロイドは、インスタントのそれなりの時代を切り開いたといっても過言ではないと思う。

現像作業方法
1 撮影済みフイルムをカメラから取り出し、プロセッサーのふたを開けて、パトローネとフイルムについてきた現像パックを装填。
フイルム先端部と現像パックのストリップシートとを重ねあわせて、巻き 取りスプールの白いピンにセット。
・008img775

2 プロセッサーのふたを閉じる。
  レバーを押し下げふた面に表示された手順にしたがって、5秒間待つ。
・009img776


3 その後、現像ハンドルを時計方向に、府いる無が巻き取られるまでまわす。
  この段階で、ストリップシートに塗布された処理液が露光されたフイルムに密着し、現像が始まる。
  ポラクロームCS・ポラパンCRは60秒、ポラグラフHCは120秒
待つ
・010img777


4 指定の現像時間がすぎたら、レバーを元の位置に戻して、現像ハンドルを時計方向にまわす。
  この段階で、フイルムとストリップシートが巻き戻されながら、フイルム側の一部の層と余分な処理液とはストリップシートとともに、現像パック内に、フイルムはパトローネに巻き取られる。
  プロセッサーのふたを開いてパトローネを取りだす。
  現像済みフイルムは完全に乾いている。
  現像パックはそのまま廃棄
・011img778


5 パトローネをスライドマウンターにセットし、専用マウントを1枚ずついれる。
  つまみをまわすと、フイルムはガイドに沿ってマウント内に入る。
  駒の正しい位置をきめ、カッターで切り、マウントをとりだして、パチンと閉じて完了。
・012img779


発売発表当初は、当時の写真業界では、センセーショナルな出来事として、話題ともなり注目されたといってよいだろう。

フイルム
ポラカラーCS ISO40  デイライトカラーフイルム
      36枚撮り3,800円  12枚撮り2,700円
・005img781
ポラパンCT  ISO125 パンクロ 白黒連続階調の微粒子フイルム
      36枚撮り3,800円
・006img783
ポラグラフHC ISO400  パンクロ 白黒ハイコントラストフイルム
      12枚撮り2,700円
・007img782

関連機器類
プロセッサー    26,000円
・004DSC_1349

スライドマウンター  3,800円
マウント 100枚  1,500円


1989年さらに2種類のポラロイドクロームを発売し、充実するとともに、電動式プロセッサーの発売もして、システムの充実を図った。

なお、この時期に合わせて、フイルムのパッケージのデザイン変更とあわせ、品質の向上改良もされたのではないかと、考えられる。

この1989年は、消費税3%が導入され、従来の価格体系を見直した。

・001DSC_1346
・002DSC_2276
・003DSC_2282

フイルム(価格は税前)
ポラカラーCS ISO40  デイライトカラーフイルム
      36枚撮り3,650円  12枚撮り2,590円
ポラカラーHCP ISO40 ハイコントラストカラー
      12枚撮り2,590円
ポラパンCT  ISO125 パンクロ 白黒連続階調の微粒子フイルム
      12枚撮り2,590円  36枚撮り3,650円
ポラグラフHC ISO400  パンクロ 白黒ハイコントラストフイルム
      12枚撮り2,590円
ポラブルーBN ISO125  ブルースライド白黒フイルム
      12枚撮り2,150円


関連機器類の充実(価格は税前)
プロセッサー        26,000円
新製品 電動プロセッサー  48,000円
※1998年で販売終了
スライドマウンター      3,800円
新製品 照明付カッターマウンター 7,000円[1993年]
※スライドマウンターは1996年で販売終了
マウント 100枚  1,500円

このシステムの販売終了時期は不詳ですが、2002年1月に発刊された「2002日本カメラカメラ年鑑」までは、掲載されており、2002年までは販売されていたということではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocame.blog44.fc2.com/tb.php/593-0568e966