FC2ブログ

壊れたカメラが時計に変身 

壊れたカメラが時計に変身
LOMO fisheye2の時計
・DSC_9402
青少年おもカメ倶楽部の活動のなかで、活躍した LOMO fisheye2 何故かシャッターがきれない。
SMENA 8Mのように、これは、レンズもはずせない、分解もできないから、修理もできないカメラ。
捨てるか、再生するかの2者択一。

かつて、SMENA 8Mを改造して、時計にしたことを思いだして、LOMO fisheye2 の時計作りをはじめました。
・DSC_9403・DSC_9404

SMENA 8M を改造した 初代の時計
・DSC_9408
バッテリーの交換は、裏蓋をあけての作業ですから、手間がかかったものです。

手直しした2代目の時計
・DSC_9407
レンズ部分をまわせばカメラボデイから、安易に時計部分をとりはずし、バッテリーと入れ替えは簡単に!

壊れたカメラはあるものの、無印良品で取り扱っていた時計が、いつの間にか取り扱い中止の廃番に・・・。

新たの時計を探しもとめて、見つけたのがキッカーランドで取り扱っているミニアラームクロックなるもの。
金色と銅色の2種類に若干違和感をもちながらも購入し、取り付けてみました。
・DSC_9406・DSC_9405
まあ、我慢できる範囲内ということに・・・。

最近になって、LOMO fisheye2 異変がおきて、使用不能に・・ということで、手元にあったこの銅色のミニクロックをとりつけてみたので、どうせなら色違いで金色も購入しようと探したら、シルバー色が新たに発売しているのをしり、数個購入。
LOMO fisheye2 のもともとが、シルバー色なので、これはピッタンコでした。
でも、無印良品で取り扱っていた時の約2倍の価格には、欲しいといわれても、躊躇してしまいます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omocame.blog44.fc2.com/tb.php/592-8f977f9d