FC2ブログ

今月の1枚 START35で撮る「旭橋」 

START35で撮る「旭橋」



当方が始めて 買ったカメラが「START35」
今から62年も前のこと。

近くの常磐公園での早朝カメラ談義のなかで、「START35」の話題になって、そのカメラは今でも使えるのか?との問いかけ。
機能的には、いたって簡単(絞りf11固定、シャッタースピード1/25秒かBのいずれか) だから大丈夫だろう・・・と。

ただ、フイルムは24㎜×24㎜ 12枚撮りの裏紙付きのボルタ判サイズのため、24枚撮り35㎜フイルムを半分に切って12枚撮りにして、裏紙に貼りつけてボルタ判スプールに巻き付ける作業を暗箱のなかで。

無事、その作業も完了して、撮影に・・・。
いざ、撮影して、シャッター音をきいていると、どうも不安感が・・・。
1/25秒でシャッターが切れていなく、バルブ撮影モードに・・・。

慌てて、それなら・・と、三脚に据え付けて、手ぶれ防止のため、ニコンF用のかぶせ式レリーズをつけて撮影。
・start35DSC_2817

暗いところでも万一の場合と思って、JIS1600の高感度フイルムを入れたのが失敗で、出来上がったら、プリントショップ泣かせの超オーバー。
結局、JIS100のフイルムをいれなおして撮影したのが、この 「今月の1枚」ということに・・・。


※おもカメ倶楽部ブログアップをしばらくご無沙汰してしまいましたら、
  「スポンサースペースに移行していますよ!」とのメールをいただきました。

ということで、慌ててアップしようとしたら、次の障壁は、ブログのパスワードを変更してくださいとの指示。
いやいや、何か月ごとかのこの指示には辟易していますが、このブログは、おもカメメンバーがそれぞれアップすることができるようになっているので、パスワード変更手続きごとに、その連絡もしなければ・・と、ひと苦労。

そして、やっと、アップにとりかかりました。


                               子安でした

賀正 今月の1枚 「ハートの雪」 

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。
引き続き、メンバーの皆さんからの発案で、大いに楽しんでいきたいと思います。

久しぶりに “おもカメメンバー 今月の一枚” 「ハートの雪」と、題してアップします。
●DSC_7628  ⇦クリックすると拡大されます

毎年 新年元旦は、家族で常磐公園内の神川神社頓宮に初詣。
今年は、いろいろあって、1月2日に行ってきました。
毎年行く元旦は結構込み合っていましたが、2日は閑散としていました。

その時に撮影した画像をチェックしていましたら、「ハートの雪」が写っていて、今月の一枚としました。
雪がボケて撮れると、ハートの形に見えることがあるだけですが、これだけ多くの「ハートの雪」が写りこむのも珍しいので・・。

時間のたつのは早いもので、新年を迎えてから、もう1週間経ってしまいました。
毎日、毎日を大切に過ごしていきたいと思うのですが、さてさて、今日は何をするか・・と悩むことも多々あります。

年末に整理をしているときに出てきたサイコロ。 実は、無印良品の店で、かつて衝動的に買った「迷ったときのサイコロ」ですが・・。
今年は、「今日は何をするか?」と悩んだ時に、このサイコロをふってみようかと・・・
サイコロ

こんなことをやってみるのも、よいのかな・・と、思っています。
                          子安でした。

旭川北彩都ガーデン 

一周年を迎えた北彩都ガーデンを
ロモフィッシュアイで迫って


・img091
・img095
・img092
・img093
・img094

                         子安でした

これは? 

おもカメメンバー「今月の1枚」
これはなんでしょうか?


・チューリップDSC_5232
・チューリップDSC_5231
・チューリップDSC_5218

スポンサーサイトになっているよ!とのご連絡をいただき、慌てて撮影。
今月の1枚(3枚ですが・・・)。

SMENA8Mに変換リングをつけて、クローズアップレンズを装着して接写してみました。
何かお判りでしょうか。

答えは、チューリップを真上から撮影してみました。
                          子安でした

ミニ雪像:カメラと雪だるまたち 

ミニ雪像:カメラと雪だるまたち
カメラと雪だるま達
毎年、我が家の駐車場に積み上げた雪、一昨年と昨年は固めて削って大きなカメラの雪像を・・・。
雪の少ない今年は、どうしようかと・・。

思いついたのは、「雪ダーマン」という 雪だるま製造器。 雪だるま製造器といっても、高さ15㎝程度の雪だるまの形をしたプラスチックの型です。
難点は、北海道のパウダースノーといわれるさらさらの雪ですから、そうやすやすとは作れませんね。 雪に水を含めたり、工夫はしたものの、うまくいかず試行錯誤の連続。 あきらめた翌日、気温が上がり、大きなぼたん雪が降り、これならば・・とテストしたら、簡単に雪だるまができてしまいました。

同じサイズの同じ形をした雪だるまが面白いように・・・。そこで、雪だるまだけでは?と、欲を出して、手作業でカメラの形を作って・・とは思ったものの、またまた壁にぶち当たり、思いついたのが、LOMO フィッシュアイカメラの防水用ボックスを型代わりにして、カメラ型ミニ雪像を作って・・・。

それらをならべてはみたものの、毎日降る雪、雪かきが済むと、それらのメンテナンスをということで、雪をはらう毎日。
雪像が小さいために作業も大変でしたが、10日後に降った雨で、もうメンテナンスどころではなくなってしまいました。